« ぼちぼち。 | トップページ | 携帯で逆転裁判 »

.folderで簡単に…

ITmediaニュース:MS、IEの脆弱性に対応の臨時パッチ

WindowsXPの脆弱性対応のパッチが緊急で発表されました。
今回、緊急で発表された理由は簡単に悪質なプログラムを起動できるためです。
なんとこの脆弱性はパッチを当てていないXPのPCで簡単に実験できます(苦笑)
デスクトップ等で右クリック→新規作成→新規テキストと言った感じでファイルを作成します。
できあがったファイル名に「.folder」と拡張子をつけて名前を決定してみてください。
なんとも簡単にフォルダに見せかけたファイルができあがってしまいます。
コレを利用して悪質なプログラムをフォルダに見せかけておくと
簡単にそのプログラムを起動できるとのことです。
ちなみに、常にファイルの拡張子を表示する設定にしておけば
本物かどうかの見分けがつくかと思いますのでちょっとした対策にはなるようですが…。
まずはパッチを当てた方が確実ですね♪
というわけでまだ当てていない方はWindowsUpdateへどうぞ。

|

« ぼちぼち。 | トップページ | 携帯で逆転裁判 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

茅乃さん こんにちは.
早々にUPDateしましたが,どのような脆弱性かという点は気にしていませんでした.元システム管理者としては失格かもしれません.

投稿: TAMO | 2004/02/03 23:53

コメントありがとうございます。
今回はあまりに簡単に悪さができるというものだったので
気になって調べてみました。
脆弱性については普段は私あまり気にしてません(苦笑)

投稿: 茅乃 | 2004/02/04 20:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2943/162282

この記事へのトラックバック一覧です: .folderで簡単に…:

« ぼちぼち。 | トップページ | 携帯で逆転裁判 »