« やりたい仕事・自分にあった仕事 | トップページ | プログラムミスによる損害 »

CD-ROMになったケータイ取説

au、A5504Tで取扱説明書CD-ROM化の試み

アンケートの結果あまり読まれていないという分厚い取扱説明書をなくして
CD-ROM化したそうです。
さて、これによっていいところと悪いところがあると思いますので
書いてみたいと思います。
#あくまでも私が思いついたものを書いているだけですので、
#現実と大いに異なる恐れがあります(^-^;

まずCD-ROM化することによるメリットから。

・目的のページが簡単に検索できるようになる。
PDFファイルですので、自分で索引を開き→目的のページを探す
という手間が少なくなります。
分厚いとなかなか思っているページ数のところにたどり着けなかったりして
もどかしい気持ちを持った人にはいいかもしれません。

・携帯の箱が小さくなって購入時の手荷物としての負担が減る。
携帯を買うと携帯よりも重たい取説は結構邪魔です(^-^;
家に帰ってもたいしてみるわけではないし、軽いのなら
ちょっと色々買い物をしても「重たいから今日はやめておこう」なんて
思わずについでに携帯を買っていこう~となるかも…?

・本棚等に保管するスペースが必要なくなる。
意外と書籍関連の保管スペースって少ないものです。
だからといって、ダンボールに詰めて押入れなんかに入れてしまうと
いざというときに出てきません(苦笑)

・簡単にバックアップが取れる。
本を無くすともう終わりですが、データだったら簡単にバックアップが取れます。
#とはいえ結構ネット上で取説をPDFで配信してたりするので、
#ネットのできる人はそこまでのメリットではないかも?

では、つぎにデメリットを。
・PCを持っていない人は見れない。
多分一番の問題点だと思います。
ある程度普及したとはいえ、まだ一家に1台とまではなっていないと思います。

・PCに不慣れな人には見れない。
横で説明しながでないとPCの操作が出来ないような初心者の人には
折角データとして渡されても使えないと思います。
見方の説明書をつけておいても見もせず最初から
「分からない」と一蹴してしまう人も居ますので…。
#初心者と名乗る人ほど怖い人は居ません(苦笑)

一番いいと思うのは携帯内にほとんどの解説を入れてしまうことではないかと思います。
ただし、携帯の画面を見ながらその解説が見れないといけないので
現状の画面では難しそうですが…。
また、もしも携帯がうまく動かなくなったときは…?という部分に関しては
携帯に入っていても見ることは出来ませんので紙やデータでの説明が
必要そうです。

|

« やりたい仕事・自分にあった仕事 | トップページ | プログラムミスによる損害 »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

携帯内に取説を入れるにしても、CDにするにしても、
「それらを使うための取説」が必要な気がしますね。

投稿: ぶうふう | 2004/04/23 14:26

コメントありがとうございます。

>「それらを使うための取説」
確かに!!記事に書いてなかったですね(汗)
あとはお問い合わせ先電話番号でしょうか?
もちろんそこでは取説の読み方についての説明を…って
これでは取説の意味がないですね。

投稿: 茅乃 | 2004/04/26 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2943/471541

この記事へのトラックバック一覧です: CD-ROMになったケータイ取説:

« やりたい仕事・自分にあった仕事 | トップページ | プログラムミスによる損害 »