« プログラムミスによる損害 | トップページ | キャラクターを改変で逮捕 »

ボーダフォンの挑戦

ボーダフォン、和とモダンを融合した携帯電話「KOTO」(k-tai Watch)
ボーダフォン、「KOTO」に続くコンセプトモデルを公開(k-tai Watch)

ボーダフォンがコンセプトモデルとして「KOTO」やそれに続くモデルを発表しました。
AUのインフォバーに挑戦している風にもみえるこの携帯ですが、
最初にこのKOTOという言葉を聞いたときは、
私は「古都」を思い浮かべました。
しかしこのKOTOは弦楽器の「琴」を表現しているそうです。
言われてみれば確かにこのカクカクした形は琴に近いものがありますね。

KOTOはボタンにもつや消しを施し、アンテナまでしっかりとペイントされているそうです。
色は神社の鳥居っぽいとのことですのでかなりのオレンジっぷりなのでしょうね。

また、ボーダフォンはこのKOTOだけでなく他にもコンセプトモデルを発表しています。
楕円型や丸型など今までの携帯とは全く違った形のものもあります。
この中でいくつ実現するのかがちょっと楽しみなところです。

5月中には発売されるとの事ですので、店頭にて操作がし易いかどうかや
重さはどうなのか検証してみたいところです。

KOTOの発売によってハッピータイム2の不評を覆すことができればいいですね♪

|

« プログラムミスによる損害 | トップページ | キャラクターを改変で逮捕 »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2943/481330

この記事へのトラックバック一覧です: ボーダフォンの挑戦:

« プログラムミスによる損害 | トップページ | キャラクターを改変で逮捕 »