« 再セットアップ&パーティションわけ | トップページ | 日本にもほしい制度! »

ゲーム業界が縮小

ITmediaニュース:国内ゲーム市場、3年連続で縮小

3年連続でゲームの市場が縮小されているそうです。
私がゲーム会社の説明会に行った時点でも日本のゲーム市場は
これから増えないだろうといわれていたぐらいですので
その時点でこれ以上拡大のしようがないほどまで浸透していたのだと思います。

最近のゲーム会社さんはどちらかというと海外に目を向けていると思います。
映画っぽい演出のゲームや血がどばーーっと出るゲームなど、どちらかというと
アメリカ人っぽい(←偏見かもしれませんが…)感覚のものが増えたように思います。

あと、最近コンシューマーゲームは本当にほしいものしか買ってないのですが、
その原因はやっぱり「やってみてもいいかも?」と思えるゲームが少ないということや
それからネットの普及によってただで結構ゲームができることがあるのかもしれません。
やっぱり以前のようなシンプルでちょっと難しいゲームが長く楽しめるからこそ
売れていたのだと思います。
#だからファミコンミニがすごい勢いで売れているのでしょうね。
そろそろゲーム業界も転身のときがやってきたのかもしれませんね。

|

« 再セットアップ&パーティションわけ | トップページ | 日本にもほしい制度! »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

確かにアメリカ人は「なんでこんなグロいゲームを?」なんてゲームをしてたりしますが、その分子供に対する悪影響にはうるさくて、日本のゲームをアメリカに輸出したら、血が緑や白になってしまったり、身体が真っ二つになるシーンがカットされたりすることがあります。

投稿: FUN | 2004/04/27 20:59

こめんとありがとうございます。

いわれてみれば赤い血がスプラッシュしてるものより
緑色の血がスプラッシュしているものの方が多い気がします…(^-^;
グロいのが多い国と思っていたのですが、
「人間」じゃないものでないとだめなんですね。

投稿: 茅乃 | 2004/04/27 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2943/500082

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーム業界が縮小:

« 再セットアップ&パーティションわけ | トップページ | 日本にもほしい制度! »