« IT甲子園 | トップページ | mod_perlに興味津々。 »

システム屋としてやりたいこと。

知り合いとメッセで熱く(?)語り合いながらふと考えたことをメモ代わりに書き連ねていきたいと思います。
かなり長くなりそうなので続きに書きます。

やっぱりシステムを作るならば、第一に「動く」こと。
動かないシステムは単なるゴミだし、せっかく利用した工数が無駄になってしまうのはすごくつらいです。

「操作性」も大事。
使いにくいシステムは動いたとしても使ってもらえなくなって、やっぱりゴミになってしまうのです。
どうしてもシステムを作っている人は操作すること自体に慣れているので案外気が付かないところ。
このあたりは使ってくれているユーザさんからの声を反映していくことが大事かなと。

あとは「速度」。
遅いシステムもこれまた使ってもらえない。
似たようなシステムがあればそちらに流れてしまうし、以前やってた手作業の方が早いなんて
言われるのはシステム屋としてある意味恥になりそうです。
どうしても遅くなってしまう場合はストレスがたまらないように処理がどのあたりまで流れているのか
目で見てわかるようなバーをつけるなどするだけでもだいぶ印象は変わるかなぁと思います。


ここからはユーザー側の話ではないけれど結構大事なところ。

システムには最低限の「仕様書」と「マニュアル」と「設計書」があると便利。
システムを一人で抱えるなんていうのは仕事の負荷からいってかなり問題になるので。
同じようにシステムを触れる人を増やしておけば作成者が休みだろうとなんだろうと対応できるから、
ユーザーにとってもプラスにつながるかなと思います。

運用面の楽さも結構重要。
システムを作る期間より運用する期間の方が長いのは確実な話ですから、
いかにその工数を抑えるかが利益にもつながるところではないかなと。
運用中にバグがでるなんていうのは当たりまえなので、運用する時間にはゆとりがほしいです。
ゆとりさえあればシステムの改善もできてユーザーさんも喜んでくれるはず!

操作性とも少しかぶるかもしれませんが・・・
あとはユーザーが危険な行動を取れないようにあらかじめ封じておくこと。
たぶんやらないだろうでは通じないのがユーザーさん。
思いもよらぬことをたっぷりとやりぬいてくれるし、それが原因で動かなくなったら怒ってくるのは目に見えることです。
逆に封じてしまうことでのデメリットがあるならばそのデメリットをいかにして回避するかを
考えていくのも大切。
やっぱり、ただ「それは危ないからさせない。」の一言で片付けるのだけはやりたくないのです。


と長々とここに書いておいて一番何が言いたかったのかというと、
ユーザーさんにも幸せでシステム屋にとっても幸せなことを追求していきたいです。
現状に満足せずどんどん良い方向に持っていきたい。そんな気持ちになりました。

|

« IT甲子園 | トップページ | mod_perlに興味津々。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

同じシステム屋さんとしては、
うんうん、そうですねって頷きながら見てしまいした(^-^)

モノを作るっていうのは意外に難しいですよね。
使う側の意見もあるし、作る側の意見もある。
両方の立場を考えて、
双方共に良いものができるのが理想かも。

最近は設計面ばかりで、
作るのは便利ツールだけになってしまいましたが、
自分が作ったツールが皆に使われているのを見たりすると
ちょっと嬉しかったり。
設計も気になるところがあると、休みの日でもずっと
良い方法がないかなと自然に考えていたりもします。
やっぱり、この仕事が好きなんだろうなぁって思う瞬間ですね。

お互い良い仕事していきましょう♪

投稿: 光る | 2004/11/14 22:01

コメントありがとうございます。

どうしてもこの思いだけは忘れたくなかったので、
必死になって文字に起こしました(^-^;

>モノを作るっていうのは意外に難しいですよね。
>使う側の意見もあるし、作る側の意見もある。
>両方の立場を考えて、
>双方共に良いものができるのが理想かも。
もう、そのとおりです!
使う側の意見を適当にあしらってもだめだし、
作る側も出来る限り楽になるよう作らないと後々首をしめる結果になるので、
その調整が大変です。

やっぱり自分が作ったものを普通に使ってもらえると苦労した気持ちなんてふっとんで
すごく嬉しくなります。
やってよかったと思うし、次の励みになります。
いい仕事していきたいですね~。

投稿: 茅乃 | 2004/11/14 23:34

継承性・再利用性を意識した可読性のあるコード。そのためには何が必要か?じゃないでしょうか。継承性・再利用性があれば、生産性もtime-to-marketも維持できるし、動作検証とチューンの工程も明示的に分けられて煩雑さも避けられるんじゃ・・・と。
「@IT」サイトにこの手のTIPS(というよりもイントロ?)記事が沢山ありますよ。

投稿: ポク | 2004/11/21 02:22

コメントありがとうございます。

>継承性・再利用性を意識した可読性のあるコード。そのためには何が必要か?
確かにこれは技術者としては大事なことだと思います。
ただ、今回いろいろと考えたのはとにかくお客さんの視点というモノを忘れたくないなということなんです。
技術者よりの話も少しかいてますけど…(^-^;

@ITは便利ですよね。
本よりもいい情報がいっぱい詰まっていて暇なときに読むようにしてます♪

投稿: 茅乃 | 2004/11/21 19:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2943/1950833

この記事へのトラックバック一覧です: システム屋としてやりたいこと。:

« IT甲子園 | トップページ | mod_perlに興味津々。 »