« NとPはLinux | トップページ | めざまし調査隊 »

トヨタ方式でコンピュータ

「トヨタ方式を採用した」NECのコンピュータ機器生産拠点

大規模な工場はトヨタ方式を採用しているとばかり思っていたのでびっくりしました。
かんばんを利用して部品の在庫を出来る限りなくすというトヨタ方式ですが、
これやるには部品の信頼度が高いことが前提のような気がします。
コンピュータは結構部品の不具合って多いので本当に大丈夫なのかどうかは
少し心配です。
でも、これによって少しでもコンピュータの値段が下がって信頼度が上がるのであれば
どんどん増えていって欲しいです。

|

« NとPはLinux | トップページ | めざまし調査隊 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ども、こんにちは。

>これやるには部品の信頼度が高いことが前提のような気がします。
>コンピュータは結構部品の不具合って多いので本当に大丈夫なのかどうかは少し心配です。
勿論パソコンと違ってMTBFの良いのを採用しているんじゃないでしょうか。外部調達以外も歩留まりチェックも厳しいだろうし、何よりも、パソコンと違って保守契約が普通の世界だし。
7・8年前に、32MB分のSIMMを購入した時、補償付もあってパソコンの4・5倍の価格でした・・・。今はそんな価格差は無いと思うけど。基本保守契約も年10万円ぐらいで、ディスプレーとキーボードを無償交換していただいた経験も有りです。

投稿: ポク | 2004/11/21 02:06

コメントありがとうございます。

自動車もそうなんですけど、やはり仕入れた部品に不具合のあるものが多く混じることが結構あります。
そのため、トヨタ方式を採用していても実は念のためということで
いくらか部品の在庫を多めに頼んでストックしていたりするようです。
そうなるとせっかく導入したシステムもあまり生かせてないことになってしまいます。

保守があるから大丈夫!ではなくて、やはり不良品でないものがお客としては届けてもらいたいので。
どうしてもうまく動かないーと唸っていたら実は初期不良でしたなんていうのはダメージが大きいですから(苦笑)

投稿: 茅乃 | 2004/11/21 19:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2943/2018569

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ方式でコンピュータ:

« NとPはLinux | トップページ | めざまし調査隊 »