« Firefoxなどで脆弱性? | トップページ | はてなブックマーク »

インターネット調査の問題点

「インターネット調査と従来型調査では結果に差が現われる」との実験結果

インターネット調査と従来型の調査では結果に差が出る・・・そんなのはずっと前からわかってたことでしょう?
と冷静にツッコミを入れたくなるのですが改めて報告書が発表されたことについては
評価したいところです。

明らかに今までのアンケート結果は偏りが大きすぎでした。
人数限定で行うようなアンケートでは時間に余裕のある職業の人がほとんど答えていて
ちょっとした合間に・・・という社会人などはなかなか答える機会が無いというのが現状です。
また、インターネットに慣れ親しんでいる人達は個人情報を流したくないと自己防衛のために
アンケートに答えないというスタンスの人が結構多かったりします。
実際に答えているのはネット初心者とかライトユーザだったりするので
以前あったソーシャルネットワークについてどう思いますか?や
ブログについてどう思いますか?といわれてもなによそれ?的な回答が多かったのが何よりの証拠になるでしょう。

また、インターネットのアンケートはお礼金をはずんでいるモノが多かったりするので
お礼金目的で適当に答える人が多いので信憑性も薄れるなんていう話が某所でありました。

インターネット上ではインターネットの文化に合わせた新しい調査方法が必要なのかもしれません。

|

« Firefoxなどで脆弱性? | トップページ | はてなブックマーク »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2943/2866475

この記事へのトラックバック一覧です: インターネット調査の問題点:

« Firefoxなどで脆弱性? | トップページ | はてなブックマーク »