DVD日和。

数日間更新してませんでしたがその間またもDVDを見てました。
#先週末にTSUTAYAにて旧作DVD半額レンタルを行っていたので…(^-^;

まずは夏らしく(?)ホラーモノ。


ザ・リング
貞子がキャシーとか言う名前だったら怖さ半減ってところなのですがさすがに違う名前でした。
アメリカにあわせていくらか変更していますが大筋は日本版に沿って作ってあると思います。
ラストの一言がなかったのが残念でしたが…。
最初に死んでしまった子の友達がどうしておかしくなっちゃったのかがイマイチわかりにくかったのがちょっと残念です。


THE JUON -呪怨- ディレクターズ・カットコレクターズ・エディション
白くよく見えるお化けは怖いのかな?ということで見てみたのですが…。
見終えた後もなぜ??と思う箇所が多々あってストーリーについていくので精一杯でした。
DVDだけではちょっと消化しきれないかんじ。
インターネットであらすじみたいなものを見てようやく理解できたので映画としてはちょっと微妙かも。
ただし、話の構成はなかなか良かったと思います。


最後の一本は完全に趣味に走りました(笑)

美女と野獣 ― スペシャル・リミテッド・エディション
前回借りれなかった美女と野獣です。
一度見たのですが店頭においてあったのは以前見たものと違うバージョンだったので借りちゃいました。
見覚えのないシーンがいくつかあって結構満足。
ただやっぱり、最初に見たときも思ったのですが野獣は野獣のままがいいなぁと。
#これいっちゃおしまいじゃんという突っ込みはなしで(苦笑)

また来月のこの時期ぐらいにDVDウィークがやってくるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVD漬け。

最近ブログもろくに更新せずなにやっとんねん!とお思いの方すみません。
ずーっとみてみたかったDVDたちを片っ端から見ていました。
TSUTAYAがレンタル半額なんかやるから悪いんですっ。
#と他人のせいにしてみる。

何を見てたのか気になる方は続きを読んでみてください。

続きを読む "DVD漬け。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コタツネコ。

デジタル・スタジアム:コタツネコ

北海道旅行に行ったときBS放送をたまたま見ていたのですが、そのときやっていたのがこの番組「デジタル・スタジアム」
特に私が気に入ったのはコタツネコという作品でぜひとももう一度みたいなぁと思っていたところありました!
東京芸術大学映像美術部このページの一番下にあります。
青木純さんという方が作っているのですが、彼のコタツネコ以外の作品もなかなかおもしろい。
こういう人がCMつくるときっと印象に残る作品になるのではないかなとおもいます。
さて、私が気に入ったこのコタツネコという作品。
目も口も動いていないのに怒ったり幸せそうな顔したりしているのです。
おそらく影をうまくキャラクターに重ねることで表現しているのでしょうね。

このような作品を見ているとかわいい部屋の飾りになるような人形作りたくなりますね。
ドールハウス作成キットが真剣に欲しくなってきました(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

無料でブロードバンド放送を楽しむ。

USEN、無料のブロードバンド放送「GyaO」~1,000万会員の獲得を目指す

おもしろそうだったので、早速体験してきました!
Firefoxで見ようとするとなにかよくわからないアニメの画像で止まったまま全く動きませんでした。
仕方ないのでIEでしきり直し。
でも、一度登録したにもかかわらず登録者ログインの項目が見つからなかったので再度登録する羽目に・・・。
なんだかめんどくさいです。

無事見たかった映画シカゴにありついたのですが本編開始までがとにかく長い。
特典映像やらその他の映画の予告編やら色々流れます。
この予告編は早送りも巻き戻しもできません。
色々実験していたら私は3回も見る羽目に・・・。
1度見たらとばせるようになるとうれしいですね(^-^;
ちなみに・・・映画本編は一時停止もできますが操作ミスで前のページに戻ったりするとまた予告編から見直しですので
お気をつけください。

まだまだ不満なところはありますが、これから便利になっていくことを願ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成教育予備校

フジテレビ-平成教育予備校

久々にあの平成教育がレギュラーに帰ってきた!ということで早速見てみました。
今回は国語のお話。
謙譲語や尊敬語などいまだによく理解できてない辺りが学べるかな・・・?
と少々期待していたのですが意外とよく"テスト"に出る問題しかなくて残念。
次回に期待したいと思います。

ちなみにこの番組は携帯と連動してます。
プロフィール登録後にメルマガ「予備校生の証」を配信設定すると
番組開始前にお知らせメールが届くそうです。
番組内で問題が出されたら解答が出るまでに答えを送信し正解すると番組で使われている指示棒が抽選で当たるとか。
30分しかないけれどこういう風に参加型のコンテンツがあると毎週楽しみに見てしまいますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハウルをみてきました。

去年からずーっと見たかった『ハウルの動く城』を見てきました。
原作を読まずに見に行ったからか、キャラクターの心の動きとか細かな設定がわからなくて
あれ?今のはいったい??と思うところがちらほらとあり失敗したなぁと痛感(^-^;
いつも見に行っているハリーポッターでは常に原作を見てから行くようにしているので
あのエピソードが抜けてるなとチェックしてたりするのですがこの作品もあらかじめ話を読んでいた方が
よかったのかもしれません。
元々が映画用に作った話ではないのでどうしても話を縮小せざるを得なくなって
いつもと違って話がとびとびになってしまうのでしょうね。

ということで、原作を買おう!
とAmazonにいってみたのですが・・・レビューを見ても原作自体も謎が多いようです。
原作のなぞめいた部分をそのまま映画化しちゃったと言うことでしょうか?
個人的にこういう魔法モノは好きなので試しに買って事実を確かめてみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

こまねこ。

ARTIFACT ―人工事実― | 「どーもくん」を作ったスタッフによる人形アニメ『こまねこ』

ねことついていたので「これは!」ということでさっそくエキサイトに見に行きました。
まだ、2話までしか公開されていないのですが「もぉぉーーーかわいい!」の一言に尽きます。
尻尾を動かすと布独特のしわが体にできるところとかが面白くてたまりません。
あとは表情が豊かなところ。ほのぼのしてしまいます。
こういうのを見ていると本当にかわいいキャラクターの人形作って遊びたくなります。

それからいいなーとおもったのは公式サイトこ ま ね こです。
メイキングストーリーなどが手書きされた画像を表示していていかにも手作りといった雰囲気で
作品への愛情が感じられます。
デジタルな世界だからこそこういうアナログな表現っていいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大奥が面白い!

大奥

最近はあまりドラマに面白さを感じることがなくなってきたのですが・・・
大奥だけはやっぱりおもしろいです。
前回の20時台にやっていた江戸末期の大奥もなかなかよかったのですが
今回の江戸初期の大奥もかなり期待できそうな予感です。

なにしろ、高島礼子の悪役っぷりがすごくはまっていてよかったのです。
これは必死になって毎週見てしまうかも。
ちなみにWEBページ準備中が多すぎです。
もうすこし情報出してくれててもいいような・・・。

で、さらに今回の話を一生懸命見ようと思う理由は主人公が「春日局」だからだったりします。
彼女にこんなに思い入れがあるのは・・・日本歴史占いで私のタイプが「春日局」とでたからです。(単純)
この結果には満足したものの元の「春日局」というひとがどういう人なのかよくわからなかったので
一度googleでしらべてみたもののイマイチしっくりこなかったのです。
これを期に勉強したいと思います♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメDVD市場の異変

Yahoo!ニュース - 経済総合 - 産経新聞ーアニメDVD市場に異変 若い女性ジワリ

最近、この傾向に変化が見えはじめ、昨年三月から今年三月にかけて同社の発売した「機動戦士ガンダムSEED」(各巻六千三百円)の購買層は女性が二割に達し、全十三巻の累計で百三十万枚の大ヒットとなった。「テニスの王子様」「聖闘士星矢(せいんとせいや)」シリーズも女性から安定した人気を得ているという。

ここにあげられている3作品は同人市場での人気モノですので、
所謂"腐女子"さんが主に買っているのでしょう・・・。

続きを読む "アニメDVD市場の異変"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVD見ました。

DISCASよりDVDが届いたので陰陽師 2きょうのできごとを見ました。

陰陽師では相変わらず蜜虫が浮いてるのが何より残念。
相変わらず野村萬斎さんの演じる清明がつかめそうでつかめない小説のイメージどおりでいい感じです。
博雅役の伊藤英明さんは賛否両論のようですがちょっと情けない感じがあるあの演技で私はいいと思います。
ただ、ちょっとストーリーが前回同様「友情」を表に出しすぎているのでちょっとちぐはぐしている気がしました。
できれば良くわからないきもち悪さのある流れがよかったのですが
映画になると見た目にわかりやすいものがいいのでしょうね(^-^;
映画館にいけなくて残念だったのですがこれはDVDで十分だったかなぁといった印象です。
あと、いきなりの女装にはかなりびっくりしました。

きょうのできごとはDISCASのキャンペーンが始まっていたので借りてみました。
前提知識とかまーったくなかったので公式サイト:きょうのできごと a day on the planetを見に行ってみたところ
かなりHPのできがよかったです。
普段なら音のなるページって苦手なのですがこの音楽は気に入ってしまい
ページを開いたままBGMとして流してたほどです(笑)
こっちの感想は「普通!」この一言に限ります。
すごくよかった~とかすごくわるかった~とかでは無くてほんとに普通なんです。
いたって普通の出来事をきれいに映画にしています。
彼氏としての妻夫木さんがかっこよかったです。
映画を見てるとあーいるなぁこういう人と身近な人を思い浮かべながら見ることができる
なんとも不思議な映画でした。
時間の流れが最初→最後ではなくていったりきたりしますが
違和感無く見れるのがびっくりしました。
まだ見てない人は一度見てみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)